現代の着物の収納事情

ごく稀に、普段着として着用していらっしゃる方も見かけますが、民族衣装でありながら、日常的に着用されていないのが着物ではないでしょうか。

その多くが、七五三や成人式などで購入され、処分するにもできないものが多いと言えるのではないでしょうか。

そのため、自宅での管理としては「箪笥の肥やし」状態になっていることもしばしば。

しかし、着物はいたみやすいものであり、しっかり管理しておかなければすぐにダメにしてしまうでしょう。

現代の着物で使用されるのは、一般的に正絹といって絹100%とされています。

昔は、特別なものでなく普段から着用されていた為、木綿の着物もたくさん作られてい多様です。

このように木綿の着物ならば、気軽に洗濯もでき、多少湿気があっても保管には困ることはなかったのではないでしょうか。現代の着物事情は昔とは違うのです。

おすすめ記事