家電リサイクル法という言葉を耳にする機会は少なくないのではないでしょうか。
この法律は一般家庭から出る家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)を適切な手順で回収・処分することで、産業廃棄物を減量し、不法投棄による環境破壊を防止したり、有用な部品や材料をリサイクル・資源化することを目的としています。しかし、リサイクル法が適応される家電製品などはあまり一般的に理解されておらず、いざ自宅で家電が不要になってもこの法律を見る方はあまりいないようです。
ではこうした家庭の家電製品は一体どのように処分すればよいのでしょうか?
大きな分類としてはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫、洗濯機が当てはまり、大型の家電や内部パーツの複雑なものが対象となっています。製造メーカーによって処分に必要となるリサイクル料金が異なるので、製造メーカー名を確認しておきましょう。
こういった手間を全て代わりに行い、処分の難しい家電ゴミを一手に引き受けてくれるのが不用品回収業者です。
回収業者に引き取り依頼をしたら、あとは指定された回収日時に回収業者が訪問しにきます。
その際、「家電リサイクル券」に必要事項を記入しなければなりません。そちらを忘れずに記入すること。
店舗移転などの時は、物置や押入れの奥に長年しまったままになっていたものなど、思っていたよりも大量に不用品が出てくるものです。
だからこそ、必要なものは大切に使い、不必要なものは、さっさと処分することが大切です!
もし処分がおくれますと、産業廃棄物扱いとなってしまい市での回収などは受け付けてくれませんので処分は高くなりやすくなります。
つまり、それだけ損をしてしまうということなのです。
そうならないためにも、まずは不用品回収の専門業者に依頼をすることがよいかと思います。
専門業者に問合せ後、不用品回収の見積もりを出してもらいます。業者によっては見積もりを出す際に、実際に店舗に来て調査することもあるようです。
後は、指定の日時に訪問、不用品の回収が行われ、後日不用品回収費用のお支払いをするという流れになります。
また、不用品の回収の際、買取対応を行っている業者も存在するようです。
厨房機器などはもちろん中々買取りが難しい中古の食器類なども買取が可能なので、処分をする際に一度買取を検討するのもよいと思います。

回収費用を抑えるには

大量に不用品が出た場合は、少しでも処分費用を抑えたいものです。コツとしては、問い合わせの段階で、なるべく詳細を記入しておくことです。そうすることで、当日に追加で料金を請求されることを防ぐことができます。さらに、業者は量によっておおまかな金額を決めるため、サイズや量の詳細を前もって伝えておくことで、適切なサイズのトラックで来てくれるため、料金を抑えることができます。軽トラに積める量か、2t車が必要なのかによって、費用は大きく変わってきます。また、複数の業者に問い合わせをした場合は、しっかりと業者と話をすることが一番重要なことになります。複数の業者で見積りを取っていることが分かれば、最後に連絡を取った業者が一番安くしてくれることもあります。料金をなるべく抑えたい人には、効果的な方法です。いろいろな話を聞いているうちに、信頼できる業者も見えてくるかもしれません。不用品の中には無料で回収してくれるものもあります。例えば、パソコン、プリンター、エアコン、テレビ、ビデオデッキ、タンス、楽器などです。一般的に回収してもらうにはお金がかかりますが、これらの転売が可能なものに限り、無料で回収してもらえます。たとえ型が古くても、パソコンの基盤やハードディスクなどは資源となり得るのです。ただし、モニターが故障している場合は、有料となるようです。楽器やテレビも新しければ、買い取りか無料となる可能性もありますが、すべてのものが無料になることはありえないようです。なかには、すべて無料といいながら、後になって高額な請求をしてくるような悪徳業者もいるようですので、気を付けなければなりません。そのためには、きちんと見積りをしてもらって、無料かどうかをはっきりさせておくことです。